晴波diary

メモ帳の様に、感じたことをつらつらと書いています。

虹ヶ咲アニメのサントラが良かった話

f:id:hnumkt:20210127000221j:plain





こんばんは。

晴波です。


ずっと待っていた虹ヶ咲アニメのサントラを、ついにゲットできたので早速聴きました。
音楽の知識も乏しく、語彙力もありませんが、虹ヶ咲のサントラ、良かったよー!!!という初聴きの気持ちをここに残しておきます。


アニメが終わって早1ヶ月、その間あまり見返せていないですし大分うる覚えなので色々間違えているかもしれません。恥ずかしいけどお許しください……。









(以下サントラの感想)


Sound of TOKIMEKI

disc1

01「色とりどりの虹」
終盤の盛り上がり最高です!!!
3rdライブ、絶対この曲から始まって欲しい。

ゆっくりと走る
行進感

虹ヶ咲のテーマそのもので、素晴らしい曲です……。

めちゃくちゃ良い………。大好きです。


02「虹色Passions!(TV size)」
OPとEDが最終話まで使われたのはシリーズ初めてで、とても嬉しかったです。虹色Passions!とNEO SKY, NEO MAP!大好きなので…。


03「スクールアイドルとは」
これがスクールアイドルとは
というタイトルなのですね!
どのシーンでしたっけ?これは日常のところではなかったのかな?


04「隠れた本心」
日常のシーンでしたね、最早懐かしい。
ここからせつ菜のライブへと物語が動き出す…
隠れた本心とは裏腹にとても明るい曲調ですね!


05「CHASE!(Short size)」
ライブシーンの映像は圧巻でした。CHASE!、良い………。


06「トキメキへ!」
あー!!!!!!!!!!あ!!!!!これです!!!!!
これめっちゃ好きな曲!!!!!
pvでめっちゃみたやつでは?????、
これ大好きなんですわ…………………この曲にトキメキって付いてるの、嬉しい。
この疾走感がたまらないです!!!
1:11辺りからどんどん盛り上がっていく流れめちゃくちゃ好きです。楽器が分からない。


07「芽吹いたキモチ」
どこだっけ〜朝のところかな?
どことなく朝方の気配を感じる曲


08「夢中になれるもの」
!!!これもたくさん聴いた気がします。ロング版の予告はこの曲でしたね?
大好き〜!!!1話は部室棟に行くときに流れてましたっけか。夢中になれるもの、まさにタイトルそのものですね!
1:18辺りからは初聴きな気がする。良い…。


09「トキメキを求めて」
これも本編中たくさん聴いたような気がします。好き。ウキウキしてしまいます。
うーん…どこだっけ…部室棟辺りですよね…?


10「サガシモノ」
部室を探し回ってる時の曲でしたよね?璃奈ちゃん…。フルで聴くとなんだかかわいい曲ですね…。


11「胸のざわめき」
この劇伴、こんなに長かったんですね…と思いましたが他のシーンでもありました…?アニメ見直さなきゃ…。


12「夕凪に吹かれて」
1話はここから先ずっと印象的なシーンばかりですね。
侑ちゃんが想いを打ち明けるシーン、とても好きです。
メインテーマのアレンジ良〜〜!!!元が良いから当然アレンジも良いと…。


13「あなたと私と私たちの夢」
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。大好きです。去年1番観たアニメ本予告pvの冒頭のあれですよね…???
良い………………………。


14「想い、花ひらく時」
このメロディーを聴くと脳内映像が強制的にキャナルコートの階段になってしまいます……。大好きで大好きです…………………。。。


15「『大好き!!!』」
言わずもがな……。勝ち確bgm。
これ聴くと言葉じゃなくて涙が出てきちゃうんですよね。今も書きながら泣いてます。本当に大好きな劇伴です。
大好きの気持ちが繋いだ虹ヶ咲の物語、その力強さを感じます。
あと電子音みたいなの入ってたんですね!サントラで聴くまで分かりませんでした。気がつかなかった音が聴けると、サントラ買って良かった〜〜!!!と改めて思えます。


16「Dream with You(TV size)」
やったー!!!冒頭アカペラバージョン!!!!!ありがとうございます。


17「胸をよぎる不安」
この曲を聴くと中川さん…ってなります…。会長……。使われたのそこだけではないと思いますが。


18「アヤシイ人影」
かすみん!!


19「謎めいて、コソ泥」
プレート取り返すシーン、好きですね…。コソ泥というタイトルからは似てもつかないかわいさと後半のてんやわんや、慌てん坊感が好きです笑。


20「How…」
ゆうぽむとかすみんの出会いのところでしょうか。耳に覚えがありすぎる曲です…。他でも聴いたかな…?


21「かすみんです!!!」
めっちゃ聴き覚えある〜〜〜〜!!!
かすみんっぽい元気さを感じました!!!名前勝ち!!!


22「あつまれ!同好会」
ものすっごく耳に覚えがありますが…どのシーンでしたっけ…??特定のシーンが思い出せない…、、好き。


23「伝える相手はだれなのかしら?」
あなたがかのセクシーな劇伴でしたか…!?
あゆぴょん………道に迷うおねいさん…。


24「モヤモヤ、ぐぬぬぬ」
これまた耳に覚えがありますがどこのシーンでしたかな…??


25「悩んだ先に」
2話のかすみんの成長が、同好会復活への大きな一歩となりましたね。
良い曲です…………。


26「吹っ切れた想い、前を向いて」
これを聴くとまず侑ちゃんの顔が浮かびます。それからかすみん。
かわいいだけじゃなくて、カッコいいかすみんの1面も感じました。


27「Poppin' Up!(TV size)」
劇伴から直で来る挿入歌は、もう劇伴とセットみたいなところがあります。最高の流れ!!


28「キャッチミー!」
はんぺん!!!会長、どうして猫を虫取り網で捕まえようとしたんですか???
フルで聴くとこんなに愉快な曲なのですね。好きです!


29「届かぬ想い」
音楽室…………………………………。
泣きそう……。
大好きです。


30「それぞれの想い」
屋上のやりとり、ラブライブ史上屈指の名シーンです……。本当に痺れた。
良……………………。大好き……。


31「DIVE!(TV size)」
優木せつ菜はこうでなくては!!!という圧倒的な「強さ」を魅せつけてくれたDIVE!、大好きです。


32「ウキウキワクワクスクールライフ」
やった〜!!!推し回だ〜〜!!!!!
ではなくて、愉快な曲で良いですね…。これ聴きながら高校通いたかったです。


33「夕陽」
皆んなと練習終わりに話し合い、愛さんがスクールアイドルの道に迷う辺りのところでしょうか?
タイトルがあるとはいえ、音楽から夕方とか朝とかの情景イメージが湧いてくるの凄いと思います。


34「朝陽」
キターーーーーーーーーー!!!!!!
これですよこれ。朝!!!という感じがすごい。
この曲を聴くと走り出したくなります。愛さんの足には付いていけそうにないですが…笑。
耳心地がとても良くて、大好きですね…。


35「サイコーハート(TV size)」
優勝、これを優勝と言わずに何というでしょうか。推しのソロ曲です。ありがとうございます。
ここで挿入歌ということは、「サイコーハート」の前の劇伴は、「トキメキへ!」なのですね。




disc2

01「友情の芽生え」
エマちゃん!!!どことなく異国情緒あふれる曲…。スイスは観光で行くには本当に良いところです。いつかまた絶対行きたい。
果林先輩、エマちゃん共に家族から離れて暮らすもの同士の友情が好きです。


02「かわいさ無敵級」
冒頭めっちゃ耳に覚えがある〜!!!
どこのシーンでしたっけ〜〜!?
かすみんということは分かります。「無敵級」の言葉は「無敵級*ビリーバー」からでしょうか?


03「ミッション!」
この劇伴もめちゃ耳に覚えがありますね…。
5話の記憶の大半がbパートに集中している気がします。どこだろう。


04「かわいいかな?」
これは服飾同好会辺りでしょうか!素敵な曲ですね……。


05「ちぐはぐ」
果林先輩……。アンケートの文面、かなり涙腺に来るものがあります。
この曲かなり印象深かったのでシーンがありありと浮かびました……涙。


06「潮風のリズム」
まず果林先輩のやりたい事を叶えるというエマちゃんの優しさが光るシーン、大好きです。だんだんと果林先輩が笑顔になっていくところも。人を照らすエマちゃんらしい、明るくて大好きな曲です!


07「La Bella Patria(TV size)」
La Bella Patria、大好き。友情大好き人間なので、5話は全13話中でも1、2を争う大好きさです。


08「つながりたい心」
ギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァ……

CDで、フルで聴くと、こんなに多くの音があったんだと気付かされました。

どことなく優しい感じがして大好きです。

大好きな劇伴……………。


09「始まれ!」
うわァァァァァァァァァ!!!これがあれですか!!!あのシーンの!!!!!!泣いてしまう……。

璃奈ちゃん……………………。
このメインテーマアレンジめっっっっちゃ好きです……。ありがとうございます……。


10「ツナガルコネクト(TV size)」
ツナガルコネクトのmv、ソロmvの中で1番好きです。早く200万回再生に届かせたい。


11「やさしさをあなたに」
かなちゃちゃ…。好き……。タイトル通りのやさしさ………。


12「プレッシャー」
11との落差に脳がビックリしました。いきなり重い……。どのシーンだったかなと思いきや1:30辺りとかラストとかすっごく耳に覚えが…。


13「くもり模様」
これもまた耳に覚えがありすぎますね…………。
し、しんどい…………。


14「Butterfly(TV size)」
ソロmvの完成度はButterflyがダントツで1番だと思います。魅せ方が天才すぎます……。ツナガルコネクトを抜かし再生数トップなのも納得。


15「つながった心」
姉妹のシーン大好きです。「つながりたい心」とはやはり別の劇伴だったんですね!!!どちらも大好きです……。鍵盤の音まで聞こえるのすごい。


16「私と私〜1〜」
8話、。冒頭のところ?


17「はれ模様」
1年生組のシーンでしょうか?1年生の絆。好きです。


18「私と私〜2〜」
と、とても耳に残っている劇伴!!!
しずくちゃん………………、、、


19「私と私〜3〜」
こちらもですね。シーンが浮かびます…。


20「自分をさらけ出せ」
予告の暗い導入で使われていた曲でしょうか。
しずくとかすみんのシーンは、初見時ボロボロ泣きました……………………。あのシーンは本当に劇伴の力を感じましたね……。
うわぁ………。1:37辺りの流れが変わる瞬間、フルで聴いて改めて感動しました……!最高です!!!!!!大好きな曲!!!


21「私と私〜4〜」
しずくちゃん……、、、良い仲間に巡り会えましたね……。


22「Solitude Rain(TV size)」
超カッコいい。「あなた」のような先輩と運命的な出会いをしなかった世界線しずくちゃんのソロ曲は、こうなるんだなという感想です。


23「Look at me」
迷子なんてあるわけ…あるんですか!?
この劇伴、耳心地が良くて好きです〜!
果林先輩、あまりにも地図を読めない人間の仕草なので整地を教えてあげたい。


24「仲間でライバル」
この曲はどこでしたか……?ちょっと9話見直して来ますね!!!


25「わたしとスクールアイドル」
めっちゃ聴き覚えがある〜〜!!!!ここでしたか。
大好きですね……。良い……。タイトルも良いです。


26「夜の帳の中で」
果林先輩……………………………………。
ビビってるだけよ、なんて……。
ピアノのソロ、すごい良い…。


27「ライバル、だけど、仲間」
……………………、、、、、、、、。
冒頭から泣かされます……。
最高のシーンで流れる、最高のアレンジです…。同好会……。


28「VIVID WORLD(TV size)」
からのVIVID WORLD!?いいんですか!?
歌詞が良いですよね〜。虹ヶ咲を背負ってステージに立っている…。サブタイトル回収の神曲


29「色とりどりの虹 EDM ver.」
このメインテーマアレンジも大好きです!!!
侑ちゃん!!!
フルで聴くとまた良いですね……元と全然違ってカッコいい。なんだか踊りたくなります。


30「手と手を取り合って」
10話ですよね…?とても耳に覚えがあります…。「友情の芽生え」のアレンジでしょうか。このあたりまで来ると物語の終盤を感じて寂しくなってしまう…。


31「雨上がり、差す光」
ア、、、、、、、、、。
、、、、、!
……このタイトルがあの劇伴だったのですね……。
………………。
この劇伴を聴くと極大の感情に襲われて泣いてしまいます。
1番好きかもしれないです。せつ菜と歩夢のシーン、そして13話のシーン。本当に最高でした……。サントラで聴くと、アニメでは聴こえて来なかった音まで聴こえてきます。ありがとうございます。


32「Awakening Promise(TV size)」


33「2つのヴァイオリンのためのソナタ
これはどこのシーンでしょうか……?


34「虹のふもと」
言葉もなく聴き入ってしまいました。
「虹のふもとには宝物がある」という言い伝えがありますが、スクールアイドルフェスティバルは侑ちゃんにとって宝物のように大切な場所ということなのでしょうか。


35「夢がここからはじまるよ(Short size)」
ありがとう。それしか無いです。


36「NEO SKY, NEO MAP!(TV size)」
NEO SKY, NEO MAP!は虹ヶ咲の歩みの象徴です……。アニメ虹ヶ咲そのもの。





以上、
全部聴き終わりました!


劇伴、最高でした。
ありがとうございます!!!!!!!!!!!


分かってはいましたが、やっぱり特に印象深いシーン以外はうる覚えな所も多かったので、またアニメを見直して楽しみたいと思います。また新しい発見がありそうです。

またこのサントラ、人が演奏しているんだ…!!!という感じがひしひしと伝わって来ました。当然といえば当然なのですが、息づかいというか。


虹ヶ咲のアニメpvが出た時に最初に思ったことが、劇伴が良い!で、本編でも沢山心動かされました。
このような素敵な劇伴を作ってくださった遠藤ナオキさん、他製作に関わった方々に改めて感謝したいです。本当にありがとうございました。


もし虹ヶ咲の物語の続きをアニメで観られるとしたら、また遠藤さんの劇伴が聴きたいです!




それでは。

Liella!の歩みの話

はじめに

f:id:hnumkt:20210114231423j:plain表参道の歩道橋から原宿方面を望む。

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

晴波です。

 

プロジェクトラブライブ!スーパースター!!が表に出て来て間もなく1年になるということで、これまでの歩みを自分用に纏めました。

改めて振り返ると、沢山の事があったんですね。

ついこの間始まったと思っていたのに、もう決して少なくない足跡を刻んでいました…。

 

 

最近かのんちゃんに注目してるのでかのんちゃん中心ですが、この1年の出来事を書き出しています。

手作業かつ記憶を頼りにしてる箇所もあるため、間違いなどあるかもしれません。ここ違うのでは?というところがあったら教えて欲しいです…。

 

その上で誰かの何かの参考になれば幸いです。まあ私が自分で見返して参考にしますけどね!

 

 

 

 

澁谷かのんちゃん

基本プロフィール(2021年1月14日更新)
 
名前:澁谷かのん
誕生日:5月1日
血液型:A型
身長:159cm
趣味:ふくろうグッズ集め、歌を聴くこと
特技:ラテアート
好きな食べ物:焼きリンゴ、トマト、ハンバーグ、カフェオレ(パエリア、)
好きな言葉:「雲の上はいつも晴れ」
好きな教科:音楽
好きな動物:ふくろう、うさぎ
 
 
 
 
 
 
 
 

 Liella!の来歴

 

2020年

 
1月
 
→1月19日、ラブライブ!フェス!にて新プロジェクト始動が発表される。
 
終演後、ツイッターのトレンドにもなっていました。
 

f:id:hnumkt:20210114220403p:plain

 
 
 
 
 
→1月28日、公式サイトにて新プロジェクト始動告知。

テレビアニメ制作決定の発表、同時にメインキャスト一般公募オーディション開催の告知。
誰もいない神宮前交差点のイラストと、「私を叶える物語」とハロー!!!ラブライブ!というテキスト初公開。
 
告知ツイートは、4.2万RTに5.4万いいね。
さらにこの時トレンドに関連ワードが多く入っており、注目度の高さを伺わせます(ラブライブ、一般公募、スクールアイドル、未婚の女性、あなたちゃん、等)。
 
私は新しいラブライブの始まりにワクワクすると同時に、「スクールアイドル、始めませんか?」というキャッチフレーズに心震えました。
ここから伊達さんと青山さんは夢を掴んだのですね…。
 
 
 
 
→1月30日発売のLLDs vol.05にて新プロジェクト誌面初登場。
内容は28日のものとほぼ同じ。
28日のものと画像のデザインが若干違う。
 
 
 
 
 
3月
 
→3月10日、メインキャスト一般公募オーディションのための公式Instagramアカウント開設。

 
 
 
→3月12日、公式サイトにて新シリーズのティザーイラスト初公開。

ここで澁谷かのんちゃんのビジュアルと、制服のデザインが表に出てきました。
 
同時に、他のメインメンバーも私服姿で映っていました。当時は横断歩道の人々の中で、誰がかのんちゃん以外のメインメンバーなのか、考察と予想をして盛り上がってましたね。懐かしい。
私は可可ちゃんに注目していました。キャリーケース引いてたからキャリ子ちゃんって呼んでた。
 
 
◯同日、メインキャスト一般公募オーディション募集開始(〜3月31日)
 
伊達さん、青山さんはこの期間中に応募したのですね…。凄い決断力…。そして申し込んでくれてありがとう…。
 
 
◯同日、Youtubeにて募集の告知動画公開。
 
「スクールアイドル、始めませんか?」
の言葉のパワー、やはり強い…。
 
 
◯同日、オーディション課題曲投票及び学校投票企画第一弾「学校名募集企画」の告知。

 

 
 
 
 
→3月14日発売のLLDs vol.06でティザービジュアルが誌面初登場。
 
◯新シリーズの舞台設定が初公開。
新設校であること、かつて廃校となった高校を利用していることなど。
 
他には創立者の挨拶や沿革が出ています。
この設定見た時アドレナリン大放出されて眠れなくなりました。めっちゃワクワクしましたもん。
 
 
◯課題曲候補の公開。
μ’sから
スノハレ、僕今、WILD STARS、ダンスタ
Aqoursから
君ここ、HPT、みら僕、勇君
でした。
当時のスクショによると私は僕今と君ここを推していたらしい。
 
 
◯同号にてオーディションの日程の公開。
当初の予定だと
 
一次審査(3月12日〜3月31日)
二次審査(4月25日、26日)
合宿審査(5月3日〜5日)
最終審査(5月24日)
 
となっていました。
最終的に二次審査以降はCOVID-19の流行により延期され、延期後の日程は審査合格者のみに告知される事となりました。
 
 
 
 
 
 
→3月16日、学校名応募及び課題曲投票開始(〜3月31日)

  

 
 
 
 
4月
 
→4月10日、学校名投票アイデア候補の公開(10種類)、決戦投票開始(〜4月22日)

 

私は「ヶ丘」って呼び方が好きなので(旭ヶ丘とか)〜ヶ丘の名前がいいなあと思っていました。え?それならなんで結ヶ丘に1票も入れてないのって?当時は彩芽ヶ丘推しでしたので…すまんな…。
今見返してみても、学校名に関しては正直どの候補も良い名前だと思います。どれも好きでした。
 
 
◯オーディション二次審査の課題曲決定告知

μ’sからスノハレ
AqoursからHPT
が選ばれました。伊達さん達のカバー、聴きたい(音源残ってるのかな…?)。

 

 
◯メインキャスト一般公募オーディション日程延期の告知

もし当初の予定通りの日程でオーディションが開催できていたら、キャストさんの発表はグループ名と同じ時期になっていたかもしれませんね。
 
 
 
 
 
5月
 
→5月15日、公式サイトにてメインメンバーの名前とビジュアルが公開

この告知ツイートはラブライブ公式アカウント史上最多の6.1万RT、7.2万いいねを記録しています(2021年1月14日時点)。注目度高い!!!またこの日から数日はファンアートが沢山描かれていたと思います。私も可可ちゃんと恋ちゃん描きました。

 

 
◯同時にテレビアニメシリーズのメインスタッフ公開。
無印のスタッフが再集結した印象です。アニメ楽しみ!!
 
 
 
 
 
 
 
→5月18日発売のLLDs vol.07にて新シリーズの学校名が「結ヶ丘高等学校」に決定したと発表。

 

 
◯同号にて、メインメンバー5人のプロフィール公開
 
初期プロフィール
 
結ヶ丘高等学校スクールアイドル(部等の表記は無し)MEMBER 1
 
しぶや 
澁谷    かのん
SHIBUYA KANON
 
誕生日:5月1日
血液型:A型
好きな食べ物:焼きリンゴ、トマト、ハンバーグ、カフェオレ
 
 
かのんちゃんの初期の自己紹介
「初めまして、私、澁谷かのんといいます。えーと、ごめんなさい、あまりこういうの得意じゃなくて。えーと、自己紹介だよね、自己紹介。名前はかのん、誕生日は5月1日。家の喫茶店で手伝ったりしながら一緒に暮らしている、ごく普通の高校生です。特に得意なものはなくて……えっ?歌?ダメダメダメ!…緊張するけど、本当は大好きな歌で、みんなを元気にさせたいな。将来の夢も特にないし、得意な教科もあまりなくて……ああっ、特徴なさすぎ!
でもね、こんな普通な私だけど、ううん、こんな普通な私だからこそ出来ることがあるんじゃないかと思って、スクールアイドル、始めることにしました。緊張するけど、本当は大好きな歌で、みんなを元気にさせたいなと思っています、よろしくお願いします!」
 
↑この短い自己紹介の中に2回全く同じ文が出てくるの、肯定的に見れば本当に緊張してるんだな感があります。
あとてにをはは大事…。
他には葉月恋ちゃんの設定の重さ(変更されたっぽいけど)に慄いたり、可可ちゃんやっぱ可愛いなと思ったりしてました。
 
 
◯同日、新シリーズの紹介動画公開。
めちゃくちゃ耳に残る心地良い音楽で、引き込まれました…。劇伴のメインテーマのような曲なのでしょうか。めちゃくちゃ好きです。
 
 
 
 
 
7月
 
→7月14日、新シリーズプロジェクトタイトルが「ラブライブ!スーパースター!!」に決定と発表。

 

その少し前に、「ラブライブ!スーパースター!!」がサンライズから商標出願されてると一部で話題になってました(6月30日ごろ)。

(だむさん、勝手にツイート貼ってすみません。)

「ハロー!!!ラブライブ!」がプロジェクト名になると思ってたから面食らいましたね。
 
 
◯同時に、公式サイトオープン。
この頃はまだフォントが現在のものではありませんでした。
 

f:id:hnumkt:20210116022745p:plain

(↑は7月14日当日のスクショ。2シリーズでアニメ制作決定が並んでいるのは壮観。)
 
 
 
 
 
 
→7月15日のLLDs vol.08にてプロジェクトタイトル「ラブライブ!スーパースター!!」誌面初登場。
 
 
◯同日、校章デザイン投票(6種類)開始(〜8月18日)。

 

 
 
◯同日、グループ名募集開始(〜7月31日)。

グループ名の募集タイトルは
μ’sAqoursに続けーー!」。
Liella!の立ち位置がどのようなものか、物語られてるというか…。

 

 
◯同号の誌面企画「結ヶ丘高等学校スクールアイドルメンバー キミのこともっと教えて!」にて澁谷家の情報公開。
ここのプロフィールで身長が誌面初登場。
以下かのんちゃんの答え。
 
「お母さんはカフェを経営してる。お父さんは翻訳家で、いつも書斎にこもりきりなんだ。」
 
「ペットは、コノハズクのマンマル。カフェのマスコットでみんなの人気者だよ。」
 
「カフェの看板メニューは生クリームを添えた焼きリンゴ。うちの自慢の一品!」
 
「おばあちゃんはスペイン人なんだ。おばあちゃんが作るパエリアが大好きなの!」
 
「街を歩く時は、ヘッドホンをつけてることが多いかな。でも音楽を聴いていると、つい歌っちゃうんだよね。」
 
 
◯同号にて、犬井楡さんテキストのモノローグ連載「この街の片隅で」開始。
 
今号は「かのん」「可可」の2人。
かのんちゃんの舞台は竹下通りの裏、ブラームスの小径のカフェの前。
 
是非誌面で読んで欲しいのですが、このモノローグとイラストで私はかのんちゃんが気になり始めました。とても詩的で、どこか少し寂しさもあって。でも内に秘めている"歌が大好きな想い"がある。ああ、この子を応援してみたいなと思うには充分なものがありました。
今見返すと、「羽根」や「飛ぶ」というような1stシングル「始まりは君の空」に関連するようなフレーズが出てきていますね。
私は当時、そのページをめくった先にいた可可ちゃんの自撮りで命を落としました。可愛すぎる。
 
 
◯同号にて、「なぜなに結ヶ丘」始動。
投票サイトとツイッターにて結ヶ丘に関する質問を募集し一般生徒が答える企画。
恐らくアニメにも登場する、ネームドキャラ「ななお」ちゃん初出。
・全校生徒は100人くらい?生徒が少ないので設備が広々と使えるらしい。
・お昼ご飯は学食を使う子が多いらしい。他にはお弁当を教室で食べる子、購買部のパン(今思うとパン投票ってこれか)を中庭で食べる子など。
 
 
 
 
 
 
8月
 
→8月17日、グループ名最終候補の公開(16種類)及びグループ名決戦投票開始(〜8月31日)

毎日グループ名候補の名前で検索を掛けてましたが、投票期間が進むにつれLiella!は検索がしやすいと自分の中では好評になっていきました。あとやっぱり「!」マーク好き。
「Yuine」とか、「meiris」も好きでしたね。最早懐かしさすらあります。

 

 
◯同時にラブライブ!スーパースター!!の現在のフォント公開。
 
 
 
 
 
9月
 
→9月16日発売のLLDs vol.09にてグループ名「Liella!」初公開。

この頃にはLiella!になって良かった!と思う程度には好きになっていました。とらさん、おめでとうございます。

 
 
◯誌面企画「Liella!であいうえお自己アピール!!」にてメンバー"らしい"挨拶が紹介される。
プロフィールは前号と同じ。
 
かのんちゃんの挨拶。
Liella!の(リ)
「理想の自分になれなくて悩んだこともあったけど、」
 
Liella!の(エ)
「笑顔のみんなと一緒にいれば、どんなことだって乗り越えられるはず……!」
 
Liella!の(ラ)
「ライブで思い切り歌える、その日に向かってーー
私たちLiella!、活動開始します!」
 
 
◯同号にて校章デザインが決定。羽根が付いてるカッコいいやつになった。

 

 
 
◯同日、ジャージデザイン(5種類)投票開始(〜10月15日)。

 

 
◯同日、オリジナルパンデザイン募集開始(〜10月15日)。
リンクは上と同様。
 
 
○モノローグ連載「この街の片隅で」
今月は「千砂都」「すみれ」「恋」の3人。
 
 
◯私事ですが、同号の「なぜなに結ヶ丘」で質問が採用されて、代表として名前載りました。ありがとうございます。
ネームドキャラ「やえ」ちゃん初出。
・1番人気は吹奏楽部らしい。部員が多くて本格派。校章デザインに音楽関連のものが多かったのはその為か?他には陸上部など。新しい部活が増えてきてるとのことで、恐らくスクールアイドル部もその1つなのでしょう。
・学校には生徒や来校者が使えるフリーWi-Fiがある。授業中は使用禁止。
 
 
 
 
 
 
11月
 
→11月16日発売のLLDs vol.10にて「Liella!」ロゴデザイン初公開。さりげなくお出しされていた。
ロゴデザインでも「!」がいい味出してるので、付いてて大正解だと思います。
 
 
◯誌面企画「Liella!制服のPOINT!教えます!」にてメンバーによる制服の解説。
 
かのんちゃんの制服の着こなし、アニメの設定画的な三方絵が公開。後ろ姿はこの号で初公開か。私、この立ち絵の可可ちゃん好き。
 
KANON's COMMENT
「紺色のジャケットとグレーのスカートの組み合わせって、オーソドックスでかわいいよね。初めて袖を通した時は、ちょっと私じゃないみたいで戸惑ったけど……きっと、みんなと過ごすうちに慣れていくんだと思う。この制服を着るのが当たり前になるの、楽しみだな。」
 
POINT!:グレーのスカート
POINT!:紺色のジャケット
 
自らのかわいい姿に戸惑うかのんちゃんそのものが可愛いと思います。かのんちゃんは可愛いよ。
 
 
◯同号にて誌面連載「2人の時間!〜Special times〜」開始。犬井楡さんのテキストは良いぞ。
 
今号は「かのん&千砂都」(幼馴染is good)、「可可&すみれ」の組み合わせ。
 
side:かのん
テキスト外コメント:
「マンマルとおしゃべりしててね、ちーちゃん。
いま、おいしいコーヒー入れるから」
(コーヒーって"淹れる"では…?と思いましたが、どうやら"入れる"が最も汎用的で無難な表現らしいですね。勉強になります。)
 
side:千砂都
テキスト外コメント:
「うぃっすー、マンマル!
君はやっぱり、完璧な丸だねぇ……。」
幼馴染、良いぞ…。テキストにボイス付けてください…。
 
 
◯同号にて購買部名物パン候補(20種類)の公開及び決戦投票開始(〜12月14日)。

 

 
 
◯同日、結ヶ丘学校マスコットキャラデザインをツイッターにて募集開始(〜21年1月8日)。リンクは上と同じ。
 
 
◯同号にてジャージデザイン投票結果発表、ピンクと黒のバイカラーのデザインに決定。アニメ登場が楽しみですね。
 
 
◯「なぜなに結ヶ丘」
ネームドキャラ「ここの」ちゃん初出。
・学校指定のカーディガンは無い。ニットや防寒具を着ている子が多いらしい。細かい決まりごとは無いとのことで、派手じゃ無い柄ならオッケー。
・電車通学の子が多いらしい。地元の子もけっこういて、徒歩や自転車の子もいる。
・校舎は年季が入っている。校舎内はレトロな雰囲気。廊下の木製のロッカーが1人1つ使える。教室の机が重いらしい。
 
 
 
 
 
 
12月
 
→12月14日、Liella!メンバーのキャスト発表。

一言で言うと、5人ともお顔が良い。
皆さま可愛すぎませんか…?
5人とも最初からツイッターが用意されているのは有難いですね。
自撮りをあげてくれたり、ライブの実況をしたりと既に楽しげな雰囲気があります。良き!
 
 
◯同時にデビューシングル「始まりは君の空」が21年春にリリースと発表。
 
 
◯同時にメンバーアイコンの公開。
かのんちゃんはヘッドホン。伊達さんはリンゴとヘッドホンの絵文字をかのんちゃんのマークとして使われています。
 
 
◯同時に公式サイトのメンバー紹介更新。
アイコン、キャストさんの顔写真が載りました。
多分この時に自己紹介テキストが現在のものに更新された?
 
 
◯同時にYoutubeにて新しいプロジェクト紹介動画を公開。
初期の動画に比べ若干長く、劇伴の終わりがとても綺麗に聞こえます。
ちなみにこの動画は千砂都ちゃんの漢字を間違えていたので上げ直しになっています。そういうこと、あるんですね…。
 
 
 
 
 
 
 
→12月15日発売のLLDs vol.11にてLiella!ちゃん(3次元)が誌面初登場。制服はオサレカンパニーか?
ビジュアルキマってて素敵…!
 
 
◯誌面にてキャストさんの自己紹介コメント公開。
これからが楽しみです。
 
 
◯同号にてLiella!メンバーの詳細プロフィール更新。
趣味、特技、好きな言葉、好きな教科、好きな動物が初公開。
 
デビューシングル発売決定コメント:
かのんちゃん:
「私たちLiella!の歌声を、みんなに聴いてもらえることになりました。楽しんで歌うので、受け取ってください!」
 
 
◯今号にて可可ちゃんのお誕生日が変更される(7月7日→7月17日へ)。前日のキャストの発表時に変更されてたのかな?そこは分からない。
 
 
◯誌面連載「2人の時間!〜Special times〜」
 
今号は「かのん&可可」、「すみれ&恋」の組み合わせ。
 
side:可可
テキスト外コメント:
「かのん、ほら、当ててみてクダサイ。
んーっ、やっぱり可可の見立ては、寸分違いマセヌ!」
可愛い…。この誌面連載にボイスつけて欲しい…お願いします…。
 
 
side:かのん
テキスト外コメント:
「うれしいけど、私にこういうかわいい感じのは似合わな……
ううっ、助けて、ちーちゃん!」
千砂都ちゃんに助けを求めるの、尊い…。
個人的にかのんちゃんがゴツい時計を着けてるのが良いと思います。gooood!!!!!好き。
この2人の組み合わせ、面白いですね。アニメでも楽しみだなあ。
 
 
◯同号より、「なぜなに結ヶ丘」は既出の3人の対談形式に。
・校則は今のところ厳しくないらしい。
姉妹制度は無い。伝統がそもそもない。
 
 
◯同日、ツイッターにて結ヶ丘の自販機の飲み物募集開始(〜21年2月8日)。

 

 
 
 
 
 
 
 
 

2021年

1月
 
→1月13日、Youtubeに澁谷かのんちゃんの自己紹介動画公開。18日のLLDs vol.12発売まで毎日1人ずつ更新の模様。
一言で言うと、良すぎた。
伊達さゆりさんの声質、超好きで好きすぎますね…。低めな声も新鮮でツボです。かのんちゃん推しに…なりそう…既に…ま、まだ分からないよ!うんうん!他の子達も楽しみ!(落ちそう)
 
テキストが修正されて、違和感が無くなっています。耳心地良い…。
 
 
 
 
 
→1月14日、Youtubeにて唐可可ちゃんの自己紹介動画公開。
可愛い。ナポリタンの発音すき…。推せる。
印象より声低かったです。でも可愛い。
可可ちゃんはテキストに変更無し。というか自己紹介文が初期から変わってないのは可可ちゃんだけで、他の子は大なり小なり変わっていました。
 
 
 
 
→1月15日、YouTubeにて嵐千砂都ちゃんの自己紹介動画公開。
めちゃくちゃ可愛かった。いかに自分の想像力が貧弱か思い知らされましたね…。完全にトキメキされました。いやーーー、好き。推せる。
あとういっすういっすういっすー!が3段活用みたいになってたのがツボです。
 
 
 
 
 
→1月16日、YouTubeにて平安名すみれちゃんの自己紹介動画公開。
イメージぴったりの良い声です!ギャラクシー!のイントネーションが新鮮でした。
 
 
 
 
 
→1月17日、YouTubeにて葉月恋さんの自己紹介動画公開。

youtu.be

とてもかわいい。ハキハキとしてこちらもイメージ通りで良き!

bgmも良い。

 

(すみれちゃんと恋ちゃんのが簡潔なのは感想のメモが残ってなかったからじゃよ。悪しからず。)

 

 

 

 

→1月18日発売のLLDs vol.12にて、Liella! 1st Single「始まりは君の空」の詳細発表。

衣装、発売形態、INDEXなど。

 衣装、めちゃんこ可愛い。ワクワクします!!

しかしシングルの衣装、せっかくなら初見は斎藤さんの絵で見たかったです。ジャケットで見れるとは思いますが。

衣装デザインで腕が隠れているのはかのんちゃんへの配慮という感想を見て目から鱗でした。あのアウター、脱ぐようなパフォーマンスあるのかな?

 

楽曲は作詞の畑さん以外全員シリーズ初参加の顔ぶれ。期待できそうな方々ばかりで、力の入れようを感じます。

個人的に気になる曲は「私のSymphony」です。プロジェクトキャッチコピーである「私を叶える物語」盤のみに収録されるこの曲。しかも作詞に宮嶋さんと、畑さんではない方を起用しています。このプロジェクトを象徴するような曲が来るのではと期待してしまいます。

 
 
○同時に、「始まりは君の空」発売記念イベント開催決定告知(初出はLLDsの誌面)。

5月6日、平日。
生配信、アーカイブもあるので、CD購入者は全員その始まりを見届けられます。ありがたいですね。もちろん現地行きたいし、何より初お披露目は有観客で開催されてほしいと願っています。Liella!ちゃんファイト!
 
 
○誌面連載「2人の時間!〜Special times〜」
今号は「千砂都&恋」。
恋ちゃんは日焼け対策をした練習着のようです。
この連載、来月以降も続いてほしい。
 
 
○今号より誌面連載「Liella! Happy Time」開始。Liella!の日常を観れるようです。
第1回は葉月恋ちゃん。
いちご飴のエピソードで、ひたすらに恋ちゃんが可愛いので是非誌面で見てください。可愛い。
 
 
○購買部オリジナル名物パンの採用アイデア決定(5種類)。
「ネコパンチ」
「ミルキィウェイ」
「さくらサプライズ」
「エンジェルパン」
カルボナーラパン」
が選ばれました。ネコパンチ推してたのでうれしい。
 
 
○「なぜなに結ヶ丘」
・おすすめスポットは中庭。廃校となった前学校時代からのものだとか。
・1日のルーティー
 8時までに登校、ホームルーム。途中に読書の時間が10分ある。
 8時半より1限。授業時間は各50分で、放課は10分。
 12時20分より昼休み、13時20分から5限。
 6限後にホームルーム。その後に当番が掃除。
8時登校って、自分の感覚からしたら結構早いなと思いました。高校時代は朝練がなければその時間に家を出ていたよ…。
 
 
○同号の通信販売にて、Liella!の商品が初登場しました。
キーホルダーやクリアファイル、アクリルスタンドなど。いずれも誌面に登場したイラストです。
かのんちゃんのタペストリーほしい。
 
 
○同日、「始まりは君の空」発売記念オンラインイベント開催決定告知。

内容はキャストとのオンライントーク会とネットサイン会。1人当たり900人とすごい数です。また当選者数の目安が事前に明かされているのは珍しい気がします。是非参加したい。
 
 
○同日、Liella!メンバーによる初の生放送実施決定告知。日付は1月30日。

ようやくお話を聞ける!ということで今からとても楽しみにしています(2021年1月22日時点)。
 
 
 
 
 
→1月20日ムービックよりLiella!最初の商品のお知らせ。

ポケッツはシリーズの伝統的な始まりの商品らしいですね……?知らなかった。
 
 
 
 
to be continued…
プロジェクトが進むにつれてちょこちょこ更新しようと思います。

ではでは。

 

澁谷かのんちゃんのお声の話


f:id:hnumkt:20210113230016j:plain

今年の描き初めです。2021年はLiella!の年!と予感しています。





こんばんは。
そして明けましておめでとうございます。


晴波です。




今日のお昼に、澁谷かのんちゃんの自己紹介がYoutubeで公開されました。
遂に来たー!!!嬉しい!!!ᐠ( ᐛ )ᐟᐠ( ᐖ )ᐟ

ということで早速聴いてきました。




(以下語彙貧の感想です。語彙力が切実に欲しい。)




うわーーーーー、、良い!!!!!!

とても良かったです。

お声、喋り方…ストライクゾーンに刺さってきた…可愛いー!!

そして""芯""を感じました。

伊達さゆりさんすごい…!!!

これから先への可能性を感じてワクワクしてしまいますね!!!!
かのんちゃんが益々好きになっちゃいました。





(以上第一印象終わり)




声のトーンの低さ?も相まって、今までのシリーズの自己紹介と比べてかなり自然体な印象を受けました。凄い。
でも初々しさもあって。
いや〜好きですね……。



LLDs発売まで1人ずつ上がっていくのでしょうね。
まず明日は可可ちゃんかな?
発売までの数日間、ワクワクしっぱなしですね☺️
ギャラクシー!…ワクワク…(高まる平安名さんへの謎の期待)。




お声も出始めて、いよいよお歌が聴ける日も近いのかもと思っています。
次号でシングルの詳細が来るといいなあ。
Liella!ちゃんの歌、「始まりは君の空」、本当に楽しみなんです。早く聴きたい!



虹ヶ咲アニメ13話を観た話



f:id:hnumkt:20201227151800j:plain





こんにちは。

晴波です。
一晩明けても、余韻が消えません。
この感情を残しておきます。


リアタイで観たきりなので間違えているところもあると思いますがご了承ください。






虹ヶ咲アニメ、お前がナンバーワンだ。


挿入歌を観た時、そう思いました。



あまりにも美しく。
ショ糖さんが宝石のようと仰ってましたが、本当にその通りだと思います。
虹ヶ咲アニメ、綺麗だよ。


太陽のように燦然と輝く訳じゃ無い、そこが過去シリーズとの違いでしょうか?
虹ヶ咲はキラキラと輝いています。


それが良い。
それが虹ヶ咲だから…。


12話が1番好きだと思っていましたが、どうでしょうね。13話もやばいです。
本当に背中を押される話でしたよね…。

ラブライブは夢を追いかけてる人、夢を追ったことのある人、夢を追いたい人に見て欲しい作品だと常日頃思っていますが、虹ヶ咲もその点で最高にラブライブしていました。

侑ちゃんは「あなた」の1人格。
だから「あなたに伝えたい想い」として語られた「夢がここからはじまるよ」は、侑ちゃんだけでなくて私達にも語られていると思います。そして自分は、この曲で「あなたに、贈る歌です」と語られて始まった「Love U my friends」を想い出しました。というか逆で、何でこんなに「夢がここからはじまるよ」が刺さったんだろうと考えたら、似た文脈があったからでは?と思った感じです。

「Love U my friends」は同好会で1番好きな曲で、先にも言いましたが虹ちゃんは1stライブで本当に大切に歌ってくれました。私の「大好き」の1つの原点と言えるかもしれない。
多分、「夢がここからはじまるよ」は「Love U my friends」のアニメ的再構築であると思うんですよ。
私の愛する一曲が、大好きな曲が、こんなに美しい形でアニメ中に語られるとは。ありがとう…。もう、ありがとうだけじゃ足りない。ありがとう以上の言葉を知りたいと久しぶりに思いました。
ありがとう。


「夢がここからはじまるよ」の映像、過去の全てのラブライブ!シリーズのMVの中で一番美しかった。
虹ヶ咲のトキメキと輝きが詰まっていた。
同好会の1つの最高到達点を観た思いです。この極大のエネルギーは一晩寝ただけでは到底消化できるものではありませんでした…。



未来永劫言い続ける。

虹ヶ咲、アニメ化して本当に良かった。
おめでとう、ありがとう。

そして矢野妃菜喜さんが高咲侑ちゃんで本当に良かった。
矢野さんが虹ヶ咲に出会ってくれて良かった。
ありがとうございます。
これからも同好会をよろしくお願いします。

侑ちゃんのキャラソン、出て欲しいなあ。グッズも欲しいよ。
沢山の人がそう思っているはず。これもいつか叶うといいな…。



アニメが始まる前にアニメでは9人が主軸の物語が観たいと自分は言っていました。

観れましたね…。ありがとう。

更に9人だけじゃなくて、1人の少女の物語も。
そして沢山の人達の物語も。
これだけ多くの魅力的なキャラクターが出てくるアニメは、シリーズが長く続いても虹ヶ咲だけなんじゃないでしょうか。



スクールアイドルフェスティバルは「皆んなの夢を叶える場所」

13話で、自分の密かな夢も叶ってしまいました。

エンディングクレジットに名前が載っていた。
な、何を言ってるか分からねえと思うが…私も分からない…???

エマかりのシーンで、背景に2ndライブの時に募集していた応援メッセージが貼られていましたね。自分のイラストはぱっと見画面には映っていませんでしたが、見覚えのあるイラストが沢山あって思わず叫びそうになりました。

私だけじゃなくてファンの沢山の人の応援の声が、次元を超えて大好きな同好会のメンバーに届いていたんです。
つまり、自分達視聴者もあのスクールアイドルフェスティバルに参加していたんですよ。きっとあの場所にいたんですよ。
スクールアイドルとファンの垣根どころか、次元の壁すら超えて「スクールアイドル好きのみんなが楽しめるお祭り」が造られていた。
もう脱帽です。二度と虹ヶ咲アニメ制作陣に足を向けて寝られない。

応援の声援が本当に届いているんだと実感したのはAqours4thでしたが、まさか次元を超える体験をすることになるとは。
スクールアイドルフェスティバル、本当に凄い。マジでマジで嬉しかったです。この13話は、アニメは…宝物だよ。ありがとうございました。



あと最後に。

終わり方が良かった。

同好会の物語はこれからも続いていくけど、自分達がそれを観ることはできないということ。
侑ちゃんが夢への一歩を踏み出したシーンがラストシーンだったこと。

これ以上ないくらい、とても綺麗なラストでした。
美しくて、綺麗で、二期の必要が無いくらい。


2回目のスクールアイドルフェスティバルについて言及もありましたし、やろうと思えばきっと二期もできると思います。

でも尾を引いて終わるのではなく、しっかりとまとめ上げてくれたことに私は感謝したい。


虹ヶ咲アニメ、完成度が高すぎる…。
本当に満足してしまった。
すごく我儘を言いますと、矢野さんの侑ちゃんにもっと会いたいから二期は欲しい。でも新キャラが出てきてアプリのようにギスギスするなら、一期より面白くなくなってしまうなら無い方が良い。
アニメ一期が本当に優しくて暖かくて愛に溢れている世界で、作品として完成されていたから…。



先のことを考えてヤキモキしても仕方ないですね。
3rdライブはアニメをなぞる構成になるそうで、今からとても楽しみにしています。

しかも会場がメットライフドーム
虹ちゃんのキャストが発表されて間もない頃、Aqoursの2ndライブを観に行っていたことを覚えています。
あれから4年弱、遂に虹ヶ咲がそのステージに立つ…。泣かずにはいられなかった。
虹ちゃん、本当におめでとう。
これからもずっと応援しています。



虹ヶ咲、アニメ化して本当に良かった。
この3ヶ月毎週土曜日が楽しみだったりドキドキだったり、心踊る日々でした。
制作に関わった全ての人に感謝…。
ありがとう。




締めに一言。

私は虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会が大好きです!!!!!!!!!!

ありがとうございました。


虹ヶ咲アニメ13話を観る前の話

こんばんは。


晴波です。



テレビアニメラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の13話があと30分後に放送されます。



実質的な最終話を前にして、いまの感情を文字に残しておきます。



矢野妃菜喜さん……貴女が侑ちゃんで本当に良かった。こんなに虹ちゃんを愛してくれてありがとう。大好きです。

願わくばこれからもこのコンテンツに長く関わっていって欲しい。ありがとう。

もうずっと前から、虹ヶ咲が始まった時からいたように錯覚するほど、矢野さんは虹ヶ咲に馴染んでいます。少なくともファン目線では。


アニメ化発表から僅か1年で今こんなワクワクと寂しさを抱えてこの文字を書いているのが信じられない。


この3ヶ月、毎週土曜日が楽しみでした。ありがとう。

虹ヶ咲のことを愛してる製作陣が虹ヶ咲アニメを作ってくれてありがとう。



そして虹ちゃん、3rdライブ、メットライフでの開催本当におめでとうございます。

発表は不意打ちすぎて驚きと喜びで泣いてしまいました。

ドームですよ。ドーム。虹ヶ咲が。



遂に、やっと、やっとここまで来れましたね。本当におめでとうございます。



虹ヶ咲も既にコンテンツを牽引する側に立っていたんだなあ…。



この寂寥の念、サンシャイン二期最終話直前に近い。

でも少し違う。虹ヶ咲には先があるかもしれないから。

そしてその先は少し怖い。




来年の虹ヶ咲がどうなっていくのか想像つかないけど、とりあえず今はこの9人と1人の少女たちの物語の結末を見届けようと思います。

きっと13話を観たらまた一から見返したくなるんだろうなあ。



とにかく、虹ヶ咲アニメの全てに関わる方々に感謝を。



それでは、13話を楽しみましょう。



澁谷かのんちゃんの好物の話



こんにちは。


晴波です。


先月のLLDs vol.11に出てきた渋谷かのんちゃんの喫茶店のモデルと思しき場所に行ってきたのでそれについてと、その周辺を散策した体験のメモです。

タイトル関係なくないか…?





その前に現時点での自分の澁谷かのんちゃんの認識をば。

f:id:hnumkt:20201219193852j:plain

先日描いた澁谷かのんちゃん。可愛い(自画自賛

5月にプロフィール見た時はテキストの日本語の不自然さに目が行ってしまってほ〜〜ん?という感じでしたが(マジであの号のテキスト書いたの誰なんです?校正ちゃんとしたの、?)、7月のLLDs vol.08の「この街の片隅で」のモノローグで一気に引き込まれました。犬井楡さんのテキストは良いぞ…。
それからLLDs vol.10の幼馴染コンビ(ちぃちゃん呼び!!!最高!!!)、LLDs vol.11の可可ちゃんとの絡み(露出を避けるの、良いと思います。ちーちゃんに助けを求めるのが尊すぎて頭を抱えた。あと緩い感じの着こなしがどストライクに刺さりました。ありがとうございます。)を経て、まだ1stシングルどころか声も出ていないのに私はこの子大好きになっちゃいました。中の人の伊達さんも好印象ですしおすし。
かのんちゃん推しになるのかはまだ全然わからない(申し訳ないけどこればっかりは本当に分からない。皆んな魅力的ですので)けど、好きだよ。



いきなり脱線しましたね?
かのんちゃんの話をすると、好きな食べ物が

・焼きリンゴ
・トマト
・ハンバーグ
・カフェオレ

となっています。

かのんちゃんの実家、モデルは無いのかなあとか意味もなく思っていたのですが、調べていたらかのんちゃんの好きな食べ物とメニューが似通っているお店があったんですよね。
それで内観もLLDs vol.10のものと共通項があって。

お、これは行くしかなくないか?と思って見切り発車したわけです。
1stシングルも出てないし情報が不足しまくってて確信は持てないですが、まあ美味しいご飯を食べるついでということでですね(スイーツだけでなくご飯も食べれる場所、という風に評判良かったので)。




その場所は「カフェ香咲」さんというお店です。

地下鉄銀座線の外苑前駅から徒歩5分くらいの所にあります。

東京の方向感覚に疎いので地図がないと迷うが、てくてくと歩きカフェ香咲の看板(外苑西通りに設置されたもの、事前にそれがあることは調べた)を発見。外苑前駅からは、大きな国道248号線を通り都道418号線へ。道を違えると車線が減るため、喧騒が少し少なくなる。そこからさらにもう一本道を折れるとカフェ香咲に辿り着く。少しずつ静かになるのが良いですね。まあこれ多分外苑前駅からの最短ルートではないんですけども笑。
カフェの面した通りは道幅が狭く、歩行者がいると車のすれ違いが難しくなる。
そんなこじんまりとした通りでも人の往来があるのが流石東京といったところか。カフェは中の様子をチラ見しつつ一旦通り過ぎて、近所の散策。近くに青山熊野神社という神社があったので参拝しました。平安名ちゃんの神社はどこだろうね…?
神社の前は道幅が変わっていて、というか神社がある為に道幅が制限されているようでした。
中々動かせるものでもないですもんね…神社。
神社からとんぼ返りしてカフェへ。その僅かの距離のや間に、道行く常連さん?の会話が聞こえて嬉しくなりました(店出てきた知り合いに今空いてる?的なことを通り行く人が聞く話)。
お一人様なのでカウンターへ。コロナ対策で席間やキッチンとの間に仕切りが増設されたり、入り口に消毒液が設置されたりしていました。
あと推察の要点であった黒板は無くなっていて、丸い形の置物(石?本誌では梟形の石)も端っこによせられていて、代わりに陶製のお家の置物がズラリと並んでいました。あとオーナーの方が絵を描かれていて、素晴らしい作品が並んでいました。クリスマスポストカード貰いました。やったね!
行灯(表現あってなくね?)はそのままの配置でした。
いやー、仕切りがあると狭いですね。いやまあ両隣のカップルの視線を気にせずに済むとかメリット(号泣)もあるんですがはい。
お洒落でレトロなカフェなのでカップルが多めでしたが、おばあちゃんズや常連っぽい人もいましたね。地元の人に愛されるお店は絶対良い店なので、これは良き。かのんちゃんも常連さんに可愛がられて育ったのかな…などと思いを馳せました(聖地って決まった訳じゃないんだが???早とちりか??)
あと梟の代わりにワンコがおりました。入店する時、人用の扉は開いていて、ワンコ用の扉を開ける感じでした。換気のためですね。
今気づきましたけど、だから店内暖房ガンガンだったのか。
ワンコは可愛かったです!癒しや。

食事はトマトとチーズの煮込みハンバーグを注文し、食後にカフェオレ。デザートとして焼きりんごを頼みました。
澁谷かのんちゃん欲張りセットですね!!!
メニューと好物の共通点が多いこともかのんちゃんの実家候補の要素になる気がするんですよね。どう思います?


f:id:hnumkt:20201219201847j:plain

煮込みハンバーグは思ってたより形が丸くて笑ってしまった。嵐千砂都ちゃんのためか?幼馴染大好きか?笑。美味しかったです。お値段は少し張るけどまあ通常の範囲内だと思います。

カフェオレに関しては正直違いがわかるほど舌が肥えていないため普通に美味しいとしか言えないです。はい。

f:id:hnumkt:20201219202026j:plain

焼きりんごというものを人生で初めて食べたのですが、てっきり暖かいor熱々の状態で出てくるものと思っていました。アップルパイにイメージが引っ張られていましたね。
他の店は知らないけど、このお店の焼きりんごは常温というより若干冷えた状態で出てきました。熱々で来ると思ってたので、注文してから速攻でお出しされてびっくりしました。
味はめっちゃ美味しかったです。
めちゃくちゃ甘い!というものではなくて、りんごの甘さが凝縮されて染み出てくる、そんな優しい味わいでした。生クリームに絡めてもめっちゃ美味しかった。
焼きりんご、良いじゃないですか。ありがとうかのんちゃん、好きな食べ物が増えましたよ。

因みにこのお店はパンケーキが有名で、テレビで紹介された程です。それ目当てに来る人もいるとか。
で、今回自分もお腹に余裕があったら最後に頼んでやろうとお腹を空かせて行ったのですが、上記の3つで割と満腹になってしまいました。
今度リベンジしたいです笑。

休日のお昼時とあってか入店時もほぼ満席でそれからひっきりなしにお客さんが入れ替わっていました。滞在時間は50分くらいでしたが、カウンターは自分以外ほぼ入れ替わってたかな(食べるの遅いんじゃよ私…)。
まあ行列ができるって感じでもなかったので、ゆっくり出来て良かったと思います。喫茶店だもの…リラックスしたいよ。
カウンターが狭かったので、欲を言えば複数人で来てかつテーブル席に座りたいですね。千砂都ちゃん席に座りたい。

混んでたので写真は撮れませんでしたが、色々と面白そうなものがたくさんありました。
特徴的だからアニメにもし出てきたらすぐ分かると思います。知らんけど。

あとお手洗いが、何?これ。
水を流すのに天井から下がったクソでかい鍵を引っ張るというもの。レトロなホテルでありそうな演出ですね?
あと説明書があったのですが、お手洗いの壁紙も手書きとのこと。すげぇ。神絵師。

f:id:hnumkt:20201219202212j:plain

お店の外観も素敵で、カラフルなガラスが綺麗。夜にはライトも付いてより綺麗になるようです。
全体的に雰囲気が良いカフェ?喫茶店?でした。
もし聖地になったら今度はパンケーキ食べに来よう。








そこからは外苑→原宿→表参道→青山→外苑とぐるっと一周しました。
外苑に戻ってくるときに気づきましたが、カフェ香咲の通りは奥へ進むと下り坂になっていて、国立競技場を望むことができます。すげえな…。有名な場所がめっちゃ近い。都会だ………(田舎者感)。

新国立競技場を間近で見たのは初めてですが、立派なものですね。ラ!シリーズもいつかここでライブとか…どう…?

千駄ヶ谷トンネルなるトンネルを通りました。
東京はこの時期になっても銀杏の葉が残っていることに驚きました。

割と取り留めもなく歩いていたので、正直文章にするのが面倒になってきました…(おい)。

あまり原宿から離れてもあれなので、途中で明治通りに入って原宿方面へ。東京は坂が多い。

竹下通りに入る前に東郷神社に寄りました。平安名ちゃんの神社はどこでしょうね…(2回目)?
神社から竹下通りはほぼ直結していて驚きました。前回は時間なかったので竹下通りの周りを全然見ていなかった。
竹下通りはクッッッッソ人いましたね。7月の時より絶対人多かったと思います。
平安名さんのカットを見ました。あのゲート?的なものにご当地アイドル的なサムシングの装飾がされていて、いつかLiella!ちゃんがこれをジャックして欲しいと思いました(大声)。
そこからはブラームスの小径へ。久しぶりに行ったらかのんちゃんのとこのお店の看板が控えめな感じになっていました。
竹下通りに戻らずに小径を歩いて明治通りに行けるんですね。小径は途中で終わってると思ってました。

キービジュアルの表参道交差点の横断歩道は相変わらずときめきました…。
今回は表参道の坂を登る。葉月恋さんのカットを見つけに行きました。
ここで一回スマホの電源が落ちてしまいました。そろそろバッテリーの寿命なのか…。
歩道橋から脇道に逸れて、お店の少ないエリアをブラブラと。
そこからまた表参道へ戻りました。
表参道駅の交差点にはライジンの配布が行われていました。あかりんさん…。
駅から国道246号(青山通)へ折れて外苑前へ戻っても良かったのですが、まだ時間があったのでそのまま直進。根津美術館というものがあるそうで、何かあるかな?と思ったのですが事前予約制だったので外観を撮るだけになってしまいました。
美術館から北進し、青山霊園へ。
乃木坂ってこの辺りなんだ、知りませんでした。
通りを進んでいてステキな雰囲気になったな、と思ったら霊園が始まったので驚きました。
霊園へ入った途端に霙が降ってきたのはなんというか、タイミング凄いな…と思いました。雨降るって知らなかったー!!と寄り道したことを後悔しかけましたが、そこまで強い降りではなかったのが幸いでした。アニメの心情描写みたいな景色、ある意味貴重な体験だったとポジティブに捉えています。傘持ってなくてジャケット濡れたけど。霙が降らなければ大久保利通など有名な人のお墓を巡ろうと思っていたのですが寄れませんでした。
霊園を抜けて国道246号へ。道中には複数の花屋や石屋があって、外苑前駅から霊園へ行く人はここを通っていくのだなと思いました。

国道246号(青山通)から外苑前駅に戻ろうかと思ったのですが、ここでもまた寄り道。
明治神宮外苑へ行きました。銀杏並木が凄い!!なんだこれは…千本桜景義か…???(?)

f:id:hnumkt:20201219202509j:plain

これLiella!ちゃんのMVに出てこないかなあ。とても映えるし良い場所じゃないですか。
そこからまた国立競技場へ行き、青山熊野神社でゴール。
A・ZU・NAの生放送見ながらこれ書いてるんですが、書いてるのこれただの行程で中身が無さすぎて眠くなってきた。

今回のお散歩、歩道橋を見つける度に登って景色を眺められたので結構楽しかったです。
銀杏並木が多くて目に良かった。







Liella!の登場場所はこれからどんどん増えて行きますが今少しでも巡れて良かったです。

自分の場合原宿、表参道、青山と言われても位置関係がよく分からなかったのですが、今回それなりに概観を掴むことができました。やったね。
それにしても東京は街が密接しているというか、街が隣り合っているので面白い。当然のことなのですが、別の地区だと意識していたものが実はすぐ近くにある、という感覚は地方民には無いものなので…。近い!!!有名な諸々の場所が近い!!

文章書くの疲れたよう。そろそろA・ZU・NAの生放送も終わってしまう(前田さんの締めコメントが始まった)。
サンタ帽いつ取ったんだ…?



まあ最終的に今回のものをまとめると、疲れまました!!!!!!!!!
荷物を減らしてお散歩すべきでしたね。

かのんちゃんの喫茶店が最終的にどこになるのか(そもそも架空のものになるのかも含めて)
楽しみに1stシングルを待とうと思います。
もし合ってたら褒めて!!!!これ自分で調べて見つけたので!!(答え合わせ的についったさんで検索したら2人くらい言及してる人いましたけど)
まあ別にあってなくてもいいんです。原宿、表参道、青山の位置関係と空気感を知る(あと美味しいお昼ごはん食べる) のが主目的だったので。



知らない街を歩くのはいつだって楽しい。
新しい発見しかないからです。
今度は地図を持たずにあの辺で迷ってみようかなあ。早くコロナ収まってください。



散文的な駄文ですみません。なにせ20000歩以上歩いたのは久しぶりだったので今とても眠いのですよ…。


ではでは。

Liella!ちゃんの話

f:id:hnumkt:20201214200341j:plain

↑先日色塗った可可ちゃん。可愛いね!(自画自賛





こんにちは。


晴波です。




今日の正午、Liella!ちゃんのキャストさんが遂に発表されました。


このときめきを記録しておきたい。

というメモです。




オーディションが延期されるという告知があってから進展について何も情報公開が無かったので、Liella!ファンの皆はやきもきしていたのではないでしょうか。

オーディションの課題曲が投票で決められたり、スケジュールが明かされていたり。何より芸能界の外から主人公を選ぶという形式そのものであったり。
これまでのシリーズとはまた違った種類のワクワクがあります。

そして特にラブライブ!スーパースター!!、投票企画多いですよね!
それで間を持たせてた感もありますが、自分は投票型の読者参加企画が好きなのでとても楽しんでいます。
最初の頃はその投票する投票企画自体を募集したりしてましたし。
学校の名前、校章、ジャージやマスコットに果ては名物のパンまで…。
少しずつ新しいものが形作られていく。それも大好きなラブライブ!というコンテンツの新世代が。それに参加できるなんて、楽しくないわけがない!

マスコット案はまだ出してないですけど、これから出します。
賑やかしくらいにはなるかということと、何より企画に参加することが楽しいので。





脱線しましたが中の人の話。


一般公募枠は主人公の澁谷かのんちゃんの筈でしたが、なんと予定を変更して2人になったと。

一般公募、同じ事務所所属。スタートラインが同じ2人なら、お互い支え合っていけますよね。良い判断だと思いましたし、何よりドラマがある!
決められた枠をぶち抜いて枠を増やしてしまうなんて、凄い。ラブライブ、じゃん?
ここまで来ると最初からそういう筋書きだったのか…?と疑いたくなっちゃうくらい笑。まあそこは信じますが、とにかく型にはまらない新しい形を示してくれたのは素晴らしいなと思いました。このコンテンツはいつも想像を越えてワクワクさせてくれるので。


キャストで誰が1番気になるか?というと自分はまずこの一般公募の人=澁谷かのんの中の人でした。
何故なら一般公募の人は自ら3月12日から3月31日の間に、人生最大級の決断をした人だから。
どんな人があの告知を観て、スクールアイドルの舞台へ上がって来るのか。
ずっと楽しみでした。


澁谷かのんちゃん。
選ばれた伊達さゆりさんは、仙台出身だそうですね!コロナ禍で地方出身の方は応募を躊躇してしまうのではないか、などと勝手に危惧していましたが杞憂でした。
趣味が歌を歌う、というところがかのんちゃんにぴったりなプロフィールですよね!素敵です。
また特技がよさこい、とあるので踊りが上手い方なのでしょうか。どんな方なのか、これから生放送などで知っていきたいです。
全然関係ないですけど伊達って苗字カッコいいから好き。
お声を聴くのが本当に楽しみです。泣いちゃうかもしれない。
メンバーアイコンはヘッドホン。モノローグの時に付けていたけれど、もしかしたら劇中にも付けているかもしれないですね。いやこれアニメーションPVで絶対付けてると思う。


葉月恋さんちゃん。
同様の理由で、葉月恋さんの中の人も余計に楽しみになりました。
青山なぎささんはモデルさん?もやっていたみたいですね?めちゃくちゃお顔が良い、端的に言って好き(ちょろい)。そしてツイッターのヘッダーのインパクトよww
現時点では5人の中でぱっと見いっちゃんキャラに見た目が似てる感があります。
Liella!の5人の名前が出た時の凛とした立ち絵が好きで葉月恋さんは推し候補となっています。
ただ現時点では彼女の情報が1番少ない。
というか同じ斎藤さんの絵なのに絵によって印象が違いすぎて掴み所がまだないというか?
前髪のせいか幼く見えたり、大人っぽく見えたり。でもそれが高校生なのかもしれませんね。大人と子供の狭間。葉月恋さん本人もモノローグで語っていますが。
お声次第では1番の推しになるかもしれない可能性を秘めています。楽しみ!
メンバーアイコンは紅茶のカップダージリンティーが好みなのは知ってるけど、なんで?



唐可可ちゃん。
オギャー!!!!!!マジでLiyuuさんじゃん!!!
というのが第1の感想。
5月に唐可可ちゃんのプロフィールを初めて見た時、ピンときたのがLiyuuさんでした…。
自分は昨年の千歳のアニメーションイベントでお会いして初めて存在を知ったのですが、めちゃくちゃ可愛いし歌も上手いし、何より声が可愛い上海出身。この人が可可ちゃんをやったら完璧だろうな…と思っていました。
でも声優としてのキャリアは無さそうだったので、無理かなあ…?と。一般公募枠以外は、声優から選ばれると考えていたので。
とても嬉しいです。シリーズ初の海外出身、これは現地の人達が1番嬉しいんじゃないかな。
早く可可ちゃんとしてのお声が聞きたいです。
唐可可ちゃんは、名前が分かる前から、ティザービジュアルが出て1番最初に気になった子。キャリーケースを引いて上を向いて歩く快活そうな姿に惹かれたものです(なんの語りだ?)。
当時はキャリ子ちゃんと呼んでいた。それがまさかのメインメンバーとなり、キャストも理想の人となると、推す要素しかないんですよね…。まあまだ分かんないですけど、可可ちゃんは推し候補筆頭です。大好き。
メンバーアイコンはリボンの付いたアイスクリーム。かわいい。


平安名すみれちゃん。ギャラクシー!!
すみれさんと言えばショービジネス、ギャラクシー!!、卵かけご飯。
この三拍子みたいなところがありますよね…既に…。僅か半年で強烈なインパクトを与えてきた方、中の人のペイトン尚未さんはどんなお方なのでしょうか。SMA所属というだけで正直とても楽しみです。なんかツイッター遡ったら面白そうなお方だな…という印象。
一方で推しの日のツイートには胸を打たれました。
きっと沢山の人がこれからペイトンさんを推していくことになると思います…!絶対!!
決め台詞のギャラクシー!!を早く聴きたくて聴きたくて仕方ないです。自己紹介ボイスまだ???、?
メンバーアイコンは土星


嵐千砂都ちゃん。
千砂都ちゃん、キャスト公開PVで速攻で名前を間違えられるという(砂が紗になってた)。そんなことある???こ、校正ー!!!
岬なこさんはホーリーピーク所属と!なんとおしゅかの後輩さんでした!
千砂都ちゃんは元気あふれる子なのでとっても楽しみです。かのんちゃんと幼馴染ですし…私幼馴染大好き…ふふふ。ちぃかの。
岬さんも現時点で既に千砂都ちゃんっぽさが満点で可愛い!これから色々と知っていけたらいいなと思います。
メンバーアイコンは爪楊枝の刺さったたこ焼き。丸いもの好きが昂じてそこまで来たか笑。




5人とも、魅力的な方ばかりだなという印象です。
ラブライブ!のオーディション審査は、あのAqoursちゃん達を、虹ちゃん達を見つけ出したこのコンテンツの中で最も信頼の置ける部門だと個人的思っています。

だから絶対大丈夫。
全部信じてる。





今のラブライブ!スーパースター!!がハロー!!!ラブライブ!と呼ばれ始めたあの日のときめきが、Liella!を応援する原動力です。

初めて0から追う推しコンテンツ、最初から全力で応援していきます!もうしてるつもりですけど!!

まずはお声を聴くのが楽しみ。
そして来春リリースの1stシングル「始まりは君の空」が楽しみです。
皆んな言ってるけど坂道っぽい。でもとてもラブライブ!な名前でもあって良いですね。
アニメーションも付くので、動く姿を観れるのも嬉しい。

楽しみがもう沢山です!
いつかLiella!が紅白に出るくらいでっかい存在になりますように!




それでは。